2010年12月18日

記憶術 新・原口式記憶術

記憶術 新・原口式記憶術

世界一の記憶力という称号を手に入れた最新の記憶術を大公開!!

倉橋隆行の5億をつくった猛者から学ぶガチンコ物件査定4時間セミナー
高卒社員が年収5,000万!非常識的不動産投資成功法




今まで、何度もこのような声を聞いてきました。



絶対に受からなければならない試験があるのに、気が散って勉強に身が入らなかったり、
一生懸命テスト勉強をしたのに、覚えた単語を忘れてしまったり・・・。」



あなたにも似たような辛い経験はありませんか。

これは、誰もが経験をする受験生の宿命なのです。


試験を受ける時には必ず通らなければなりません。
しかし、文句ばかりは言っていられないのが現状ですよね。



記憶術を知った今では、そんな試験など恐るに足りませんが、



実は、私も昔は記憶できませんでした・・・。



私の学生の時代の成績は至って普通でした。



普通のどこにでもいる学生だったのです。



いくら記憶しようと勉強しても成績はオール3くらいで、それ以上は伸びませんでした。



将来は「家族を養っていける人間になろう」と決めて、
地元の工業高校の電気科へ進みましたが、
高校の授業について行けずに、テストで0点を取ったこともありました。



勉強が嫌いだったので、身に入るわけありません。



勉強が嫌いであっても高校を卒業しないといけないので、とりあえずは勉強をしました。
しかし、どれだけ時間をかけて頑張っても、普通の成績なのです。



勉強の仕方が悪いのか、頭が本当に悪いのかと悩みました。



あまりにも自分自身の記憶力の悪さに嫌気がさして、
「我慢せずに楽しく記憶できる方法はないのか!?」
という課題を掲げ、ひたすら研究し続けました。



そしてついに、“あること”を発見したのです。



その瞬間は、

と飛び上がるほど喜んだのを今でも覚えています。



その後は成績も順調に良くなっていきました。
記憶術 新・原口式記憶術


円周率の世界一を4度も更新することができました。





そして興奮する気持ちを抑えながらも、その“あること”を実際に記憶で
悩んでいる人たちに試してもらうことにしたのです。



すると、


試験範囲をすぐに覚えられたり、何度も落ちていた試験に合格することができたのです。

まず、学生だった時のことを思い出してみてください。
通学の時間を利用して参考書を読んでいなかったでしょうか?



実際にはうまく記憶できなかった経験があると思います。





通学の短い時間ではすぐに覚えることができません。
なぜなら、読み込むということは新しい情報を取り入れるのに必死になっているので通学の短い時間では短期記憶として記憶されます。
短期記憶は一時的に情報を記憶するだけなので、記憶できる情報が少なく数十秒で忘れてしまいます。



例えば漢字テストをおこなうときに、休み時間を利用して必死に覚えようとする人の姿をみたことがあると思います。
そうして得られた記憶はあくまで短期記憶であり、テストが終わったあとはきれいに忘れてしまうものなのです。
以上の理由により読み込んだだけでは短期記憶にしかなりません。



覚えるためには長期記憶にする必要があります。
長期記憶にするためには短期記憶になっている事を脳が「理解して覚える」と感じることにより長期記憶になります。



そのため、繰り返し参考書を読み込んだとしても記憶できないのです。


先生に問題を解けば傾向や流れがわかってくると教えられたことがあると思いますが、
実は問題集をたくさんやっても記憶できないのです。



問題集で解いた問題がテストでは解けなかった経験があると思います。


これは問題集の問題が多いこともあり、問題集を無意識に解く傾向に問題があります。
早く問題を解いて点数を取ろうとしたり、全ての問題をやろうとしているので無意識の作業になっている可能性が高いのです。

例えば、出かけるときに家の鍵を閉めたかどうか、電気のスイッチを切ったかどうかなどは無意識に行っている動作なので記憶に残ることがあまりありません。
実際にあなたも家の鍵を閉めたかどうか、電気のスイッチを切ったどうかで不安になった経験をしたことがあると思います。



たくさんやることにより無意識の作業になってしまうのです。



このような状況のように問題を解くときに無意識の作業になってしまったら意味がないのです。
ですから、問題集をたくさん解いても意味がないことがわかります。



1問1問、問題の意味を理解し、無意識の作業にならないことに気をつけて問題を解いていかなければなりません。



気づいてください。
今までの勉強法ではだめだということを。

「記憶力が悪いのは両親からの遺伝だから」



「記憶できないのは他のことに気をとられてしまうから」



「年齢を重ねることでの老化が早いから」



もしあなたがこんな風に思っているのであれば、大きな勘違いをしています。



実は、遺伝・他のことへの依存・老化が原因で、記憶ができないことは、
基本的にありません。



なぜなら、記憶というものは自分自身の「記憶の仕方」に問題があるからです。



そして記憶ができない原因として考えられるものは、以下の2つです。



 意識的に行わないと記憶することができない


 イメージ力が少ないと記憶することができない



記憶から忘れるにはこのような原因があります。



この事実を踏まえ、もう少し、具体的に説明していきます。



@意識的に行わないと記憶することができない



あなたにも経験があると思いますが、
先生が黒板に書いたものを書き写したことがあることでしょう。



しかし、先生が黒板に書いたものを書き写しても記憶にはなりません。
なぜなら書き写すことで精一杯になり、満足し、記憶したと勘違いしてしまうのです。



実際に試験のときになると、黒板をしっかりと書き写したのに・・・と思ってしまうことがあると思います。

海馬とは記憶の司令塔と言われており、勉強したことを覚える時には必ず海馬に勉強した内容が伝えられます。
脳における全ての情報の入り口なので海馬が働かないと記憶することができないのです。



海馬は短期記憶を支配して記憶するように命令をしています。
長期記憶にするためには海馬の外の長期記憶する脳のところに勉強した内容が到達したときに記憶されるのです。



そのためには無意識ではなく勉強した内容を具体的なイメージを持ったり、楽しいこと・悲しいことの感情を使って記憶しなければなりません。
無意識に黒板を写していたのでは記憶することができないのです。



そうなると、先生が黒板に書いたものを書き写していることは無意識のうちに行っているので、試験では全く役に立たないのです。



ですから意識的に記憶することが必要になってくるのです。


Aイメージ力が少ないと記憶することができない



記憶に残すためには印象が強くないといけません。



たとえば、普段の生活をしていても1週間前は何をしていたのか、何を食べたのかということはすぐに出てこないことも多いでしょう。



心に残るイメージがないため、脳からの伝達がされていないので記憶ができない原因になっていきます。

逆に言うと記憶をできるようにするには、
少ないイメージよりもみんながあっと驚くイメージをするだけなんです。



例えば、真夏の暑い日にプールにいっていたとしましょう。
ほぼ全員が水着ですよね?



そこに、真冬でもこんなに着込まないだろうというくらいの厚着をしている人がいて、
真っ赤なコートを着ていたら嫌でも記憶に残らないでしょうか?



間違いなく記憶に残るはずです。





ですから、親の遺伝で記憶が悪いのではなくて、
イメージ不足により記憶ができていないのです。
それができていないから記憶で悩む人が多いのです。



ある事をして脳をトレーニングすれば
あっという間に記憶することができるようになります。



でも、どんな方法ですればいいんだろう・・・。
記憶術 新・原口式記憶術

「身に付けたい気持ちはあるけど・・・」



たしかに、自分にでもできるのかな・・と不安に思うかもしれません。



しかし、ご安心ください。
大量の情報が記憶できる方法のコツを詳しくお伝えいたします。



この原口式記憶術は何も難しいことはありません。



誰にでもできる簡単な方法です。



おおまかに言うと、たった3つ事をやっていただくだけです。
記憶術 新・原口式記憶術



記憶術 新・原口式記憶術

世界一の記憶力という称号を手に入れた最新の記憶術を大公開!!

不動産投資家のためのREIT銘柄徹底分析セミナー

東京で優良物件を購入できる
驚異の不動産投資法
分譲マンションを安く買う方法
ニュージーランド不動産投資
タグ:記憶術
posted by 記憶術 at 08:04 | 宮城 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。